診療案内:乳幼児

Medical
不安なことなどありましたら、ご遠慮なくご相談ください。

先天性鼻涙管閉塞(乳児)

逆まつげによる刺激症状としても流涙や眼脂がみられます。

目の内側、鼻の付け根あたりを圧迫すると目の中に涙が逆流してきます。粘液や黄色膿が混じっている場合もあります。これでおおよその診断は可能ですが、涙道の閉塞部位や涙嚢炎の確認も含め、診断の確定には涙道通水試験が必要です。涙嚢炎は涙嚢内に溜まった涙液に細菌などが感染して炎症を起こすもので、これが長引くと涙嚢周囲の皮膚や瞼が赤く腫れ上がった状態、涙嚢周囲炎や眼瞼および眼窩蜂窩織炎へと重症化する例もあります。

また、涙嚢内に貯留した涙液や膿により涙嚢が緊満し皮膚表面が膨隆または皮下に腫瘤として触知される場合があります(涙嚢瘤)。血管腫や皮様嚢胞といった先天異常と紛らわしいケースもありますが、これらは通常、流涙や眼脂を伴いません。また、涙嚢瘤では涙嚢洗浄などで貯留液が排出されるとその場で腫瘤は消失します。

先天性の涙道閉塞として涙小管開口部の閉鎖(涙点閉鎖)や涙小管欠損などの形成異常もあり、この様な例の多くで全身の先天異常を合併します。生後早期に眼脂、流涙を伴う疾患としては新生児結膜炎も重要です。鼻涙管閉塞に症状は似ていますが、眼瞼の発赤、腫脹や結膜の充血、浮腫、膿性眼脂などがより顕著です。乳幼児期には逆まつげによる刺激症状としても流涙や眼脂がみられます。なお、眼脂や流涙は高い眼圧や眼の炎症など、より重篤な病態や疾患の徴候でもあります。治療に反応せず症状が改善しない場合、放っておかずに眼科を受診することが大切です。

治療方法

先天鼻涙管閉塞の大半は涙嚢マッサージのみで治癒します。
目の内側、鼻の付け根あたりを人差し指で奥に圧迫する要領で10回程度マッサージを行います。

これを日に3、4度行います。涙嚢炎を併発している場合にはマッサージ後に抗菌薬を点眼します。
これで症状が改善しない場合は通水試験および涙嚢洗浄、涙道ブジー、涙道チューブ留置術など病状に合わせて段階的に処置が行われます。

ものがみえるしくみ 近視と遠視

近視と遠視は屈折異常のひとつです。
屈折状態は眼軸の長さとレンズである角膜・水晶体によって決められます。
目に入った光は角膜から水晶体を通り、目の奥にある網膜に焦点が合う仕組みになっています。

眼軸の長さが長すぎたり(近視)短すぎたり(遠視)すると、網膜にピントが合わなくなります。これを屈折異常と言います。

近視とは

目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び物がぼやけて見える状態です。ですから近くのものはよく見えますが、遠くのものはぼやけた像しか映らずものがはっきり見えません。 もしメガネが必要な際は、適切な度数を確認し眼鏡処方箋を発行させていただきます。

遠視とは

目に入ってきた光が網膜より後ろで像を結んでしまうのが遠視です。遠くのものも、近くのものもピントがぼやけてしまいます。

生まれたばかりの赤ちゃんは、目がまだ成長していないため、うまく目を動かすこともできず、視力も弱いですが、日々ものを見ることで、少しずつ視力が発達していきます。しかし生まれつき遠視が強い場合、ものをぼんやりとしか見えないために視力の発達がせず、メガネをかけても視力が出にくい弱視になってしまいます。

弱視にならないよう視力が発達するためのメガネの度数を検討し治療用の眼鏡処方をさせていただきます。また必要な場合は子供の性格や興味に合わせた訓練を計画し治療を併用していきます。

弱視について

裸眼視力がたとえ0.1であっても、メガネで矯正して1.0以上の視力が出れば、弱視とはいいません。弱視の目はメガネやコンタクトレンズで矯正しても視力が出ないことをいいます。

こどもの視力は、毎日目を使って物を見ることで発達していきます。
しかし、その発達途中において目の病気などで物が見えにくい時期があると、視力が発達しないことがあります。この状態を弱視と言います。弱視の場合も必要であれば訓練を計画し治療を行います。

斜視について

物を見る際、片目の方向は正しく向いているのに、もう片方の眼が他を向いている状態の事を斜視といいます。

原因は目を動かす筋肉の異常、遠視があるのにメガネをかけていない場合や、目以外の病気からも起こりうる場合があります。

斜視の種類(内斜視、外斜視等)や原因を検討し、1人1人に合った治療の相談、両目で物を見る力(両眼視機能と言います)の程度の測定を行います。斜視の場合の必要であれば訓練を計画し治療を行います。