診療案内:30代~40代

見え方に異常を感じたら、ご遠慮なくご相談ください。

緑内障

視野が狭くなっていく病気です。

緑内障は、眼圧によって、眼球の後ろにある視神経が圧迫されて障害を起こし、視野が狭くなっていく病気です。

視神経は一度障害を受けると残念ながら回復しませんが、早期に発見して治療を継続すれば、失明することはめったにありません。

発見が遅れ、症状が進行すると生活に不自由をきたす場合もありますので、治療によって出来る限り進行速度を遅くさせることが大切です。

症状

緑内障には慢性緑内障と、急性緑内障があります。

慢性緑内障は症状がかなり進行しないと自覚症状がありません。典型的な症状は、視野の一部が見えなくなる視野欠損ですが、普段私たちは両目を使って見ているために、片方の眼に見えない部分があっても、もう一方の視野がカバーしてしまうので、視野の異常に気づかないことが多いのです。

異常に気づいたときにはかなり進行していることも少なくありません。しかし、一度失われた部分の視力は元に戻すことはできないので、早期に発見して、早いうちから治療を開始して病気の進行を遅らせることが、その後の生活においてとても重要になります。

一方、急性緑内障では、急激に眼圧が上昇して発症し、頭痛や吐き気、眼痛、充血など、激しい症状が見られます。

治療法

緑内障の治療は、病気の進行を遅らせることが目的となります。残念ながら、いったん損なわれた視神経は回復できないので、これ以上悪くならないよう、進行を食い止めたり、進行を遅らせたりするしかありません。ですから、できるだけ視神経の障害が少ないうちに病気を発見して、治療を始めることがとても重要で、失明を回避する近道となります。

緑内障の進行を遅らせるためには、眼圧を下げる治療がおこなわれます。正常眼圧緑内障の場合でも、眼圧を下げることで効果があることが分かっています。

飛蚊症

飛蚊症には、「生理的な原因のもの」と「病的な原因のもの」の2種類に分かれます。生理的飛蚊症は、硝子体(しょうしたい)という目の中にあるゼリー状のゲル組織が変質して起こるもの。光が角膜と水晶体を通して入ってくると、この硝子体を通過して網膜に達し、映像を結びます。

しかし、硝子体が劣化して浮遊物があると、影となって網膜に映ります。これが生理的飛蚊症の正体です。一方、病的飛蚊症は、網膜に穴が開いたこと(網膜裂孔)、網膜が剥がれたこと(網膜剥離)、硝子体の内で出血したことなどが原因で起こる飛蚊症。重篤な病気の前触れかもしれないため、専門医による診断が必要です。

症状

飛蚊症の症状は、目の前を黒い点や虫、糸くずのような「浮遊物」が飛んでいるように見えます。飛蚊症の症状の特徴としては、まばたきや視線を動かしても、この浮遊物は一緒に移動し、目をこすっても全く消えることはないということです。特に明るい所でははっきり見えます。

治療法

飛蚊症には、生理的飛蚊症と病的飛蚊症とがありますが、生理的飛蚊症の場合は、病気ではないので治療の必要なしと言われ、手術による治療はしないというのが一般的でした。

生理的飛蚊症でも、症状が重症で、日常生活に支障が出る場合に限り、硝子体手術が行われることもありましたが、リスクが高いため行わないのが普通です。

硝子体手術というのは、飛蚊症が硝子体の濁りによって起きるので、その硝子体そのものを除去しようとするものです。

しかし、この硝子体手術は、仮に行ったとしても、飛蚊症が治るとは限らないですし、その手術によって、網膜剥離・白内障などの危険な合併症が起きる可能性があるのでリスクが高すぎるために、ほとんど行われていません。
そこでより安全な治療法としてレーザーによる飛蚊症治療があります。

中心性漿液性網脈絡膜症

中心性網膜症(ちゅうしんせいもうまくしょう)とか、中心性網膜炎(ちゅうしんせいもうまくえん)などと呼ばれることもあります。

30代から50代の男性に多い病気で、通常片眼に起こりますが、稀に両眼に時期をずらして起こる人もいます。

症状

視力が低下したり、中心だけ物がゆがんで見えたり、中心だけ物の大きさが大きく見えたり小さく見えたり、中心だけが黄色く見えたり、中心だけピントがぼけたり、中心だけ暗く見えたりします。

治療法

レーザー治療が一般的ですが決まった治療方法はまだ確立されておりません。当院では内服なども含め、いろいろと考えております。お困りの方は一度受診していただければと思います。