診療案内:50代~60代

「2重に見える」「もやがかかる」などの症状がある場合はご相談ください。

白内障

最も多い原因は加齢によるものです。

目の中にある透明なレンズ(水晶体)に濁りが生じ、「二重に見える」「もやがかかる」「まぶしく感じる」といった視力障害を引き起こす病気です。

最も多い原因は加齢によるもので、60歳を過ぎると多くの方が白内障を患うとされています。また加齢以外の原因としては、先天性のもの、アトピー性皮膚炎や外傷によるもの、ステロイド剤などの影響によるものなどがあります。

症状

初期ではこれといった症状はみられません。進行するにつれて、目がかすむ、ぼやけて見えにくい、ものが二重三重にだぶって見える、光がまぶしく感じるなどの症状が現れます。

晴れた日の屋外がとてもまぶしく感じたり、車の対向車のライトがまぶしく感じたりします。
また、遠くが見えにくく感じるために、近視が進んだように感じる場合もあるようです。

治療

ごく初期であれば点眼薬で進行を遅らせられる場合があります。
ただし、点眼薬で水晶体の濁りをなくすことはできません。
白内障があることが分かったら、定期的に受診して検査を受けましょう。

緑内障

緑内障は、眼圧によって、眼球の後ろにある視神経が圧迫されて障害を起こし、視野が狭くなっていく病気です。

視神経は一度障害を受けると残念ながら回復しませんが、早期に発見して治療を継続すれば、失明することはめったにありません。
発見が遅れ、症状が進行すると生活に不自由を来たす場合もありますので、治療によって出来る限り進行速度を遅くさせることが大切です。

症状

緑内障には慢性緑内障と、急性緑内障があります。

慢性緑内障は症状がかなり進行しないと自覚症状がありません。典型的な症状は、視野の一部が見えなくなる視野欠損ですが、普段私たちは両目を使って見ているために、片方の眼に見えない部分があっても、もう一方の視野がカバーしてしまうので、視野の異常に気づかないことが多いのです。

異常に気づいたときにはかなり進行していることも少なくありません。しかし、一度失われた部分の視力は元に戻すことはできないので、早期に発見して、早いうちから治療を開始して病気の進行を遅らせることが、その後の生活においてとても重要になります。

一方、急性緑内障では、急激に眼圧が上昇して発症し、頭痛や吐き気、眼痛、充血など、激しい症状が見られます。

治療法

緑内障の治療は、病気の進行を遅らせることが目的となります。残念ながら、いったん損なわれた視神経は回復できないので、これ以上悪くならないよう、進行を食い止めたり、進行を遅らせたりするしかありません。ですから、できるだけ視神経の障害が少ないうちに病気を発見して、治療を始めることがとても重要で、失明を回避する近道となります。

緑内障の進行を遅らせるためには、眼圧を下げる治療がおこなわれます。正常眼圧緑内障の場合でも、眼圧を下げることで効果があることが分かっています。

加齢黄班変性

加齢黄斑変性は、眼の網膜(もうまく)にある黄斑(おうはん)という部分に異常が現れる病気です。

視野の中心部分が暗くなる、あるいは中心がゆがんで見えるのが特徴です。見たい部分が見えにくいので、本を読んだり、文字を書いたりすることが難しくなります。放置すると視力低下が進み、失明する場合もあります。

欧米では患者が多く失明原因の1位になっている病気ですが、日本ではこれまであまり発症していませんでした。しかし、近年患者数が急増していて、失明原因の4位になるまで増えています。50歳以上の約1%が発病していて、年齢が上がるほど患者数が増える傾向があり、75歳を超えると急増します。また、男性の方が発病しやすい傾向があり、女性の約3倍にのぼることが分かっています。

症状

加齢黄斑変性が起こると、見え方にいろいろと障害が出てきます。
視野の中心部分が波打つようにゆがんで見えたり、かすんで見えたりしますが、周囲はゆがみなく正しく見えるのが特徴です。

さらに進むと、中心部に黒い影のようなものが現れ(中心暗点)、見ようとするものが見えなくなるので、文字を読んだり書いたりすることが困難になります。色の識別が分からなくなる場合もあります。

初期では症状に気づかないことも多く、見え方に違和感があったり、眼の疲れを感じたりする程度の人が多いようですが、年のせいと自己判断して病状を進行させてしまうケースもあります。

治療

加齢黄斑変性は、加齢黄斑症ともいわれ、網膜中心部の最も重要な部分である黄斑に進行性の障害を起こし、その結果中心視力が徐々に失われていきます。中心視力が徐々に低下し、細かい部分が見えなくなっていきます。直線が波打ってみえることがあります。

通常、加齢黄斑変性に特徴的な眼の変化は、手持ち式検眼鏡を用いて見ることができます。栄養補給剤が進行を遅らせるのに役立つこともあります。
眼への注射やレーザー治療が必要な人もいます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として起きてくる目の病気です。予備軍も含めると2,000万人といわれる糖尿病の患者数の多さもあって、糖尿病網膜症は緑内障とともに成人してからの失明の大きな原因疾患となっています。

症状

糖尿病発症後、数年から10年くらいで糖尿病網膜症を発症しますが、初期には症状はあまりありません。自覚症状を感じたときには、網膜症がかなり進行していることがほとんどです。

治療

原因となる糖尿病を改善しないと、網膜症に対してどのような治療を行っても、また同じ病変が起きてきてしまいます。

初期の、単純糖尿病網膜症の段階であれば、血糖コントロールをしっかり行うことで、網膜症の進行を食い止めることができます。

網膜動脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは、網膜を走る静脈が詰まって血液が流れなくなる病気で、糖尿病網膜症と並んで眼底出血を起こす代表的な病気です。

50才以上の方に起きやすく、さらに、高血圧と深い関連があります。静脈閉塞の起きた患者さんの80%は高血圧のある人です。

症状

全体に浮腫が広がって白く濁り、網膜動脈の著しい細くなって白線にみえます。網膜の真ん中の小さい物を見分ける視力が鋭敏な中心窩は、ほかの網膜部分に比べてずっと薄いので動脈閉塞の影響で浮腫が起きても、網膜の外側の膜である脈絡膜(みゃくらくまく)の血管が透けて見え、そこだけがさくらんぼのような赤い点として観察されます。

時間の経過とともに、やがて網膜のむくみは引きますが、視神経は萎縮・変性してしまうので、最終視力はとても不良で矯正視力で0.1以下にまで低下します。

治療

治療は緊急を要します。血管の詰まりを取るために、眼球をマッサージしたり、様々な薬を使って治療します。しかし、ほとんどの例では網膜は回復せず、視力はほとんど失われてしまいます。両眼に起こることは滅多にありません。

網膜静脈閉塞症

網膜中心静脈閉塞症は、網膜中心静脈という血管が詰まっている状態です。
網膜中心静脈が詰まると静脈の圧力が上がり、網膜の血管が広がったり、蛇行したり、出血したりします。また網膜に血液中の水分がたまったりして、むくみ(黄斑浮腫)を起こします。

症状

静脈が詰まると、そこまで流れてきた血液の行く手が阻まれ、末梢側(心臓からより遠い方)の静脈から血液があふれ出します。あふれた血液は、網膜の表面にカーテンのように広がる眼底出血となったり、網膜内に閉じ込められ網膜浮腫(網膜の腫れ)を起こしたりします。

このときの症状は、眼底出血では出血が広がっている部分の視野が欠けたりします。網膜浮腫では視力の低下として自覚されます。とくに、黄斑(網膜のほぼ中央にある視力の最も鋭敏な部分)に出血や浮腫があると、視力は極端に低下します。

ただし、どの血管が詰まったかによって、症状の現れ方はさまざまで、視力がほぼ失われてしまうこともあれば、視力の低下に気付かないでいることもあります。

治療

静脈閉塞が起きた直後の急性期には、まず、閉塞した血管に血流を再開させるための処置がとられます。血栓を溶解する薬や、網膜の循環を改善させる薬が用いられます。完全に閉塞した静脈が再疎通することは難しいですが、閉塞がまだ不完全な場合には効果が期待できます。

また、眼底出血や網膜浮腫をできるだけ早く消失させるため、レーザー光凝固術をする場合もあります。浮腫が起きている部分をレーザー光で凝固すると、網膜内に溜まった血液成分が吸収されて、浮腫が改善します。

また、副腎皮質ステロイドホルモン薬の眼球注射でも効果があるとの報告がみられます。 さらに最近では硝子体を切除する手術(硝子体手術)によっても黄斑浮腫が吸収され、視力の改善が得られることがあります。

急性期の治療で大切なことは、静脈閉塞後できるだけ早く治療を開始することです。静脈閉塞は片眼に発症することが多く、普段は両眼で見ているので、発症に気付かないこともあります。治療開始が遅れると、視力が回復しにくく、合併症は起きやすくなります。