診療案内:加齢黄斑変性症

網膜の中心窩にある黄斑部が老化により機能が低下するために起こります。

加齢黄斑変性症

「視力が良かったのに突然発病した」

加齢黄斑変性症は、網膜の中心窩にある黄斑部が老化により機能が低下するために起こります。
ものがゆがみ、中心部がぼやけてしまい、視界が狭くなります。
両方の目で見ると、あまり気にならないことがあるので、必ず片目ずつで確かめます。

50歳を過ぎた頃から見られ、 高齢になるほど多くなる病気です。
「視力が良かったのに突然発病した」という気づく例が多くみられ、女性よりも男性の発症率が多いといわれています。

また、栄養を取り次ぐブルーフ膜の破たんにより 新しい血管(脈絡膜新生血管)ができます。
この新しい血管はもろいため、 すぐに破れて網膜色素細胞の機能をこわしてしまいます。この出血を繰り返すことで視力が大幅に下がり、 放置しておくと視力を失うことがあります。
「網膜」から出血が多い場合見えづらくなる範囲が大きくなり、 さらに進行すると視力が低下してきます。

加齢黄斑変性は過去には全く治療できない病気としていわれておりましたが、最近では抗VEGF抗体(ルセンティス)による硝子体注射が主な治療法となっております。病態によってはルセンティス併用光線力学療法(PDT)が行われています。下記症状があるようでしたらお気軽にご相談ください。