診療案内:白内障

最も多いものは加齢によるものです。

白内障

目の中には「水晶体」というピント調節のレンズが入っています。
これが加齢によって濁ってくるのが「白内障」です。
通常は60歳前後から始まりますが、自覚症状や見た目に眼球が白く濁っていなくても、検査をすると水晶体の濁りが見つかる方が、早くて40代から、80代には大多数の方に白内障が確認されます。

白内障は様々な原因で起こりますが、最も多いものは加齢によるものです。
これは「加齢性白内障」と呼ばれ、個人差はありますが、誰でも年齢を重ねるにつれて水晶体は濁ってきます。「加齢性白内障」は高齢者ほど多く発現します。
しかし、若い方でも糖尿病、アトピー性皮膚炎の合併症や目の怪我の後には、白内障の発症が増えております。

少しでも自覚症状を感じた方は、早めの検査をおすすめします。

白内障チェック