診療案内:斜視小児色覚

『見えにくそうにする事がある』、『目つきが悪い』など

斜視小児色覚

子供と視力

子供の視力の発達は成長期が早く生後3カ月くらいから8才くらいまでといわれています。それまでにしっかり視力を伸ばしてあげなければなりません。 子供の目の障害は外見では分かりにくく、特に乳幼児は言葉で『見えない』と言えないので、障害を見過ごされてしまいます。

しかし、眼に何らかの障害があると
見えにくそうにする事がある』 、 『目つきが悪い』 、
顔を傾けたり横目で物を見る』等
. のような症状があり、保護者の方が気付く事があります。

これらの症状や他にも何かお子様の目について気になる事があればお気軽にご相談下さい。ご予約いただき、お子様の年齢(月齢)に合わせた検査を行うことも可能です。

また、特に症状がない場合でも目のはたらき具合を知るために3歳になったら一度眼科でしっかり検査を受けるようにしましょう。当院では、小児眼科専門の視能訓練士が0歳の赤ちゃんからお子様の検査・訓練を行っております。また院内はすべてバリアフリーですのでベビーカーでも気軽に来院いただけます。

ものがみえるしくみ 近視と遠視
近視と遠視は屈折異常のひとつです。
屈折状態は眼軸の長さとレンズである角膜・水晶体によって決められます。
目に入った光は角膜から水晶体を通り、目の奥にある網膜に焦点が合う仕組みになっています。
眼軸の長さが長すぎたり(近視)短すぎたり(遠視)すると、網膜にピントが合わなくなります。これを屈折異常と言います。
近視とは
目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び物がぼやけて見える状態です。ですから近くのものはよく見えますが、遠くのものはぼやけた像しか映らずものがはっきり見えません。
もしメガネが必要な際は、適切な度数を確認し眼鏡処方箋を発行させていただきます。
遠視とは

目に入ってきた光が網膜より後ろで像を結んでしまうのが遠視です。遠くのものも、近くのものもピントがぼやけてしまいます。

生まれたばかりの赤ちゃんは、目がまだ成長していないため、うまく目を動かすこともできず、視力も弱いですが、日々ものを見ることで、少しずつ視力が発達していきます。しかし生まれつき遠視が強い場合、ものをぼんやりとしか見えないために視力の発達がせず、メガネをかけても視力が出にくい弱視になってしまいます。

弱視にならないよう視力が発達するためのメガネの度数を検討し治療用の眼鏡処方をさせていただきます。また必要な場合は子供の性格や興味に合わせた訓練を計画し治療を併用していきます。

弱視について

裸眼視力がたとえ0.1であっても、メガネで矯正して1.0以上の視力が出れば、弱視とはいいません。弱視の目はメガネやコンタクトレンズで矯正しても視力が出ないことをいいます。

こどもの視力は、毎日目を使って物を見ることで発達していきます。
しかし、その発達途中において目の病気などで物が見えにくい時期があると、視力が発達しないことがあります。この状態を弱視と言います。弱視の場合も必要であれば訓練を計画し治療を行います。

斜視について

物を見る際、片目の方向は正しく向いているのに、もう片方の眼が他を向いている状態の事を斜視といいます。

原因は目を動かす筋肉の異常、遠視があるのにメガネをかけていない場合や、目以外の病気からも起こりうる場合があります。

斜視の種類(内斜視、外斜視等)や原因を検討し、1人1人に合った治療(手術やメガネ等)の相談、両目で物を見る力(両眼視機能と言います)の程度の測定を行います。斜視の場合の必要であれば訓練を計画し治療を行います。

また、斜視の手術を希望される場合は斜視手術を得意とする病院をご紹介させていただきます。

色覚異常相談

最近では、小学校の集団検診で先天色覚検査を行わなくなりましたが、当院では色覚異常について専門の勉強をしている院長と視能訓練士による検査が可能です。

先天色覚異常は現在有効な治療法はありませんが色覚異常の性質を知る事で色の見間違いを少なくする事があります。

ご希望があれば、色覚異常のある場合どのような状態にあるかシミュレーション及び色覚異常(先天赤緑異常)の見え方の典型例をご説明させていただきます。