診療案内:先天色覚異常

色の見え方に異常がある場合はご相談ください。

先天色覚異常

色覚異常にお悩みの方はご相談下さい

先天色覚異常は有効な治療法がありません。平成15年度より小学4年生時に学校検診の色覚検査が必須で行われなくなったため、小学生の時点で色覚検査が行われず(任意で行う小学校は何校かあるそうですが)、学年が大きくなってから色の見え方に異常を指摘されることが予想されます。

先天色覚異常があっては就職できない職業(資格)があり、また、就職しても業務の内容に支障を来す方がいるのが現状です。特に男性の20人に1人、女性では500人に1人の割合で先天色覚異常があるといわれております。そこで、色覚異常の病型と程度を知ることが重要で、的確なアドバイスを受けることが大切です。

子供の色の見え方に異常があることが分かったら、色覚検査を受けることをおすすめします。
色覚以外の視機能は問題ないことが殆どなので、日常生活上どの色が見にくいかを知っておくことが重要です。

具体的な例