診療案内:ドライアイ

涙の乾きなど涙の異常により、目の表面の健康が損なわれる疾患です。

ドライアイ

「目が疲れる」、「乾いた感じがする」

ドライアイとは、涙の乾きなど涙の異常により、目の表面の健康が損なわれる疾患です。
ドライアイは、大きく2つに分類することができます。1つは、涙の量が減ってしまう「量的な異常」、もう1つは、涙の性質や涙を保持する能力が変化する「質的な異常」です。
「量的な異常」は、涙の分泌そのものが少ない状態です。

「質的な異常」とは、涙の成分の異常、例えば、脂質成分やムチンと呼ばれるタンパク質成分が少ない、角結膜上皮に問題がある、などの原因により、涙は分泌されていても涙が目の表面に留まらない、すぐに乾いてしまう、といった状態です。

「質的な異常」の一部に『BUT短縮型ドライアイ』と呼ばれる種類のドライアイがあります。
これは、涙は分泌されているが目の表面で涙の膜が安定せず、5秒以内に涙が乾いてしまう状態をいいます。最近、パソコンなどの作業が多いオフィスワーカーやコンタクトレンズを装用している方を中心にこのタイプのドライアイが増えています。

ドライアイの原因は涙です。涙は泣いたり目にゴミが入ったときだけに出るものではありません。
常に目の表面を多う、いわば目の表面のカバーのような役割をしています。その涙のカバーには、いくつもの大切な役割があります。

涙は目の健康を守るだけでなく、快適な視力にも欠かせないものです。

  • 目の表面の細胞を乾燥から守り潤す
  • 目の表面の組織に栄養や酸素を供給する
  • 外界から侵入する菌や異物から目を守る
  • 角膜の表面の凸凹を涙がなめらかな曲面にすることで、きれいな画像を脳に届ける

治療方法

ドライアイの治療方法には、点眼療法が一般的です。

軽いドライアイの場合は、少なくなった涙を補充する目的で、人口涙液や潤いを保つための成分を含む点眼薬などを使います。

比較的重症のドライアイ患者に対しては、手術で直す方法もありますが、方法としては涙点を閉じることで涙の流出を抑え、涙を目の表面に蓄える方法があります。これは上下の涙点にシリコン製の小さなプラグを差し込む方法や、涙点を縫い合わせる方法などです。