診療案内:眼科一般

近視・ドライアイ・花粉症・ものもらいなど、どうぞご遠慮なくご相談ください。

眼科一般

一般的な眼科診療(近視・遠視・乱視・老眼・ドライアイ・眼精疲労や視力の低下・かすみ目・充血・目のかゆみ・涙目・花粉症・飛蚊症・ものもらい)など、目に関わるどんな些細な事でもどうぞご遠慮なくご相談ください。

近視・遠視・乱視とは、いずれも屈折異常のことを言います。通常眼球に入ってきた光は眼組織の中で屈折し、網膜の上で焦点を結びます。目を楽にした状態でこの焦点が正常な状態は正視といいます。

近視
屈折力が強すぎることにより、網膜の手前でピントが合う状態のことです。
そのため近くはよく見えるのですが、遠くを見るとぼやけてしまいます。
近くがはっきり見えても、遠くがぼやけて見える方は近視かもしれません。
遠視
屈折力が弱すぎることにより、網膜の後ろでピントが合う状態のことです。
遠視の場合では近くを見るときでも、遠くを見るときでもぼやけて見えます。
遠くをはっきりと見ることは出来るのですが、遠くを見る際に意識的に目の調整力を働かせているために、目がとても疲れやすくなってしまうのです。
乱視
角膜表面が正常な球形ではなく、楕円形になっていたり、歪んでいたりすることもあるので、屈折の度合いが異なり、焦点がどこにも合わず、ぶれた状態で見えたりします。
乱視になると、目が非常に疲れやすい状態になります。

メガネの処方について

当院ではメガネの処方を行っております。

「近視」「遠視」「乱視」はコンタクトレンズや眼鏡で矯正しピントを合わせることでハッキリ見ることが出来るようになりますが、老眼になることや、環境の変化により、ピントが合わなくなり、無理に合わせようとすると目に負担がかかり、疲れやすくなります。定期的に検査をして自分に合った眼鏡を使用することをおすすめします。

当院では、眼科専門医の指導のもと、メガネの処方を行っております。

ドライアイ

ドライアイはまばたきの量が減り、目の血行が悪くなることが原因でおこります。
目が乾く、ゴロゴロする、充血する、目が疲れるといった症状が出ます。
「パソコンをよく使う」「テレビを長時間見る」「空調の効いた部屋で長時間過ごす」「自転車の運転をよくする」などで目を酷使したり、コンタクトレンズを長時間着用しているとドライアイになる確率は上がります。
重症になると、視力が低下したり、目が痛くなることがありますので、早めの治療をおすすめします。

眼精疲労

現代人は目を使いすぎていると言われています。目を使いすぎると目の筋肉や視神経が疲れピントが合わなくなり、疲れ目になります。そして疲れ目が慢性的になると眼精疲労になります。

下記項目に当てはまる項目が多ければ「眼精疲労」の可能性があります。慢性化する前に、早めの受診をおすすめします。