診療案内:緑内障

視野が狭くなっていく病気です。お早めにご相談ください。

緑内障

緑内障は、眼圧によって、眼球の後ろにある視神経が圧迫されて障害を起こし、視野が狭くなっていく病気です。

視神経は一度障害を受けると残念ながら回復しませんが、早期に発見して治療を継続すれば、失明することはめったにありません。
発見が遅れ、症状が進行すると生活に不自由を来たす場合もありますので、治療によって出来る限り進行速度を遅くさせることが大切です。

近年、緑内障は自覚症状が初期では乏しく、人間ドックによって見つかるケースが多いといわれております。そのため、早期発見、早期治療が大切です。40歳前後になったら、一度検査をおすすめします。

緑内障の進行について

初期

目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができますが、ご自身で異常に気がつくことは殆どありません

中期

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない視野)が広がり始めます。しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気がつかないことが多くなっています。

末期

視野(見える範囲)が更に狭くなり、視力も悪くなって、日常生活にも支障をきたすようになります。また、更に放置すると失明に至る危険があります。

緑内障の治療方法

お薬による治療

まずは、1剤の点眼薬で眼圧のコントロールをします。

進行具合により、眼圧と視野検査の経過によっては2~3種類を併用することもあります。
それでも点眼薬で効果が不十分な場合は、内服薬を併用することもあります。

レーザー治療:虹彩切開術

緑内障といわれるなかで閉塞隅角緑内障については、レーザー光凝固装置にてレーザー治療を行うことがありますが、閉塞隅角緑内障には白内障手術をすることがよりよい場合があります。

患者様の社会的背景を考慮したうえ、患者様1人1人の意向を十分に聞きながら最適な治療法をアドバイスさせていただきます。
そして、迅速に上級医療機関にて紹介させていただきます。

手術による治療

緑内障治療薬で眼圧が下がらない場合、手術を行います。
手術が必要な場合はご相談の上、連携医療機関をご紹介させていただきます。