診療案内:目のできもの

痛みやできものができた方は一度ご相談下さい。

目のできもの(ものもらい)

目のできものとしては、
1.まつ毛の外側、内側、まぶたをめくった裏側粘膜(眼瞼結膜)に急激に上記症状から出現するものと、2.以前からできものがあり(触診で瞼板に硬結あり)、ときに腫れてくる場合があります。

1.一般にはものもらい(麦粒腫)といわれるものと、2.霰粒腫が考えやすいのですが、詳細な説明は以下のようになります。
気になる、心配になった方は、どうぞ当院へお気軽にご相談ください。

主な症状

麦粒腫

まず、麦粒腫は眼瞼に生ずる感染症であり、急性炎症が生じている。
睫毛脂腺(Zeis腺)や汗腺(Moll腺)の感染:外麦粒腫
マイボーム腺の感染:内麦粒腫

治療

  • 1.抗菌薬内服、眼軟膏、点眼を中心に初期治療を行います。
  • 2.さらに膿が出たと思われる箇所に膿点が眼瞼皮膚ならびに結膜上皮にみとめられた場合には、切開をすることがあります。
霰粒腫

霰粒腫は瞼板に硬結を生じる貯留のう胞といわれ、実際の現場では眼瞼腫脹を主訴に来られることが多いです。触診で硬結を触れ、瞼を翻転すると硬結に一致した局所的な充血が認められ、経過を追うごとに病変(硬結範囲)が大きくなることがあります。

治療

  • 1.ステロイド点眼や抗菌薬を用いて、麦粒腫に準じた初期治療
  • 2.上記で小さくならない場合、患者の希望と病変の大きさとの考慮のうえ、摘出することがあります。