診療案内:老眼

「おかしいな」と思ったら、早めに受診し、持参のメガネのチェックを受けましょう。

老眼

「おかしいな」と思ったら、早めの受診を

老眼(老視)とは、目のピント合わせをするレンズの役割をする水晶体の弾力性が低下して調節力が弱まったために、近いところが見えにくくなる状態です。

誰でもいつかは高齢になるのですが、個人差ありますが40歳代から少しずつ症状がでてくるようになり、年齢とともに(70歳までは)老眼は進行してしまいます。

見えにくいところを一生懸命に見ようとすると疲れ目(眼精疲労)がひどくなり、身体症状(頭痛・肩こり・吐きけ・めまい)などがでることがあります。

患者様には「おかしいな」と思ったら、早めに受診し、持参のメガネのチェックを受ける事をおすすめします。そして、使用目的に応じて自分に合った眼鏡を使いましょう。