診療案内:網膜硝子体疾患

見え方に違和感がある場合は、お気軽にご相談下さい。

網膜硝子体疾患

黄斑円孔

眼底の中心にある黄斑部の網膜に孔(あな)があく病気です。黄斑部は物を見るための中心です、黄斑円孔になると非常に物が見えにくくなります。

高齢者に多い病気ですが、目の打撲などで若い人にも起こることがあります。
多くの場合、「物がゆがんで見える」症状から始まり、よく「すぼんで見える」「吸い込まれるように見える」と表現されます。

視力は初期には比較的良好ですが、進行するにつれて下がっていき、最終的には0.1~0.2程度まで低下します。早めの手術による治療が必要になります。
「物がゆがんで見える」などの症状が気になる方は、一度検査を受けることをおすすめします。

黄斑前膜

眼球の網膜の前に膜が張って黄斑がそれに遮られて見えにくくなってしまう病気です。 血管が膜に引っ張られて蛇行しています。

50歳、60歳代に多く、女性に多い傾向があります。初期には、網膜血管が蛇行しますが膜が透明のために視力など正常で自覚症状はありません。進行すると、視力が悪くなり物がゆがんで見えます。

裂孔原性網膜剥離

網膜が網膜色素上皮から分離し、網膜の下に水がたまる病気です。

剥離した網膜は徐々に機能を失っていくので、放置すれば失明に至る病気です。そのため、以前は恐ろしい病気というイメージもありましたが、最近では手術でほとんど治るようになりました。

年齢に関係なく、老若男女問わず発症します。初期には虫が飛んでいるように見えたり、光が走るようにみるなどの症状が現れ、再発する場合も多い病気です。

網膜色素変性

眼底に位置する網膜の細胞が、徐々に萎縮して、視力や視野の障害が進行していく難病です。

進行性の病気で、網膜の視細胞(杆体機能の低下)が侵されて、夜盲を来します。ほぼ両方の目に起こるもので、視野が少しずつ狭くなり、長い経過をたどって視力低下(錐体機能の低下)が起こってきます。

この病気は視力を失うこともありますが、個人差があるため、高齢になってもある程度見えている人もいます。
症状の現れ方は一定ではなく、周囲から見えなくなる場合や、見えない部分が点在するなど様々です。